確定申告の季節がやってきました。所得税の確定申告の期間は、例年2月16日〜3月15日までですが、緊急事態宣言が出たために今年は4月15日まで延長になっています。とはいってものんびりしているとすぐに期限はやってきます。フリーランスや自営業の人は、期限に間に合うように先回りして取り組みたいところですね。

でも実は、確定申告が関係あるのはフリーランスや自営業の人だけではありません。「確定申告なんて私には関係ない」と思っている人も少なくないかもしれませんが、確定申告には「申告をして納税しなければならない」場合と、「申告しなくてもいいけれど、申告することで税金が戻ってくる」場合があります。

コロナ渦で収入が減ってしまった、という人も少なくない中、確定申告をすることで戻ってくる税金があるのであれば、「知らなかった」ではもったいないですよね。

申告することで税金が戻ってくる場合とは?

会社勤めをしている人は、源泉徴収や年末調整があるので、基本的に確定申告は不要です。勤め先に任せておけば、必要な納税を代わりに行ってもらえる、というわけです。

一方、所得税には、「マイホームを買った」「空き巣に入られた」など、個人的な事情によって所得税を控除、つまり税額を少なくしてもらえる制度が色々とあります。そして、これらの中には、年末調整では控除できないものもあるのです。こうした場合には、年末調整をした人でも、さらに確定申告をすることで税金の一部(場合によっては全部)が戻ってきます。

Photo by iStock
-AD-

確定申告すると税金が戻ってくるのは、年間の医療費が10万円(その年の総所得金額が200万円未満の人は、その5%の金額)以上かかった場合や、新たにマイホームを新たに取得し、住宅ローン控除などを受けたい場合などです。代表的な例を表でまとめたので、自分が該当するものがないか、チェックしてみましょう。

確定申告することで受けられる主な控除

これ以外にも、年度の途中で退職して再就職しなかった人にも確定申告をおすすめします。なぜなら、在職中に給与から天引きされていた所得税は、「1年間働く」ことを前提に計算されたもの。年の途中で退職したことで結果的にその年の年収が当初の想定よりも少なかった場合には、その分、納めるべき税金も少なくなります。

再就職していれば転職先で年末調整をしてもらえば正しい納税額に調整できますが、退職したままだとそのチャンスがありません。