2021.02.15
# 大河ドラマ # メディア・マスコミ # 青天を衝け

大河ドラマ『青天を衝け』、竹中直人の配役が「最高のキャスティング」と絶賛される意外なワケ

徳川斉昭を熱演

NHK大河ドラマ『青天を衝け』の第一回が2月14日に放送されました。

本作の主人公は「近代日本資本主義の父」として知られる渋沢栄一。第一回ではその幼少期のエピソードが紹介されましたが、同時にかなりの時間を割いて描かれたのが、徳川慶喜とその実父・徳川斉昭についてでした。

作中、水戸藩主である斉昭が「武士たるもの、つねに乾いていなければならない。湿っていることは体に悪いことだ」「中指を肛門で打てば痔にならない」などと、自ら独特の教育を慶喜に施す様子が描かれていました。

ところで、その斉昭を演じているのは、俳優の竹中直人さん(64歳)。じつは昨年末、その配役が発表された際に歴史好きの間では「最高のキャスティング」と絶賛する声が上がっていました。

竹中直人〔PHOTO〕Gettyimages
 

その理由というのは、現代に残されている徳川斉昭の肖像の顔が、竹中さんにソックリだからです。

実際に写真を見てみると……。

関連記事