吉祥女子と頌栄女子を徹底比較! 大学合格実績をどう見るのが正しいか

令和の中学受験 保護者のための参考書(9)
矢野 耕平 プロフィール

数字から見えるそれぞれの特色

【表D】は「文芸系」「理系」別の進学率を示しています。

『令和の中学受験 保護者のための参考書』より

これを見ると、約半数が理系に進学する吉祥女子に対して、頌栄女子学院の理系進学率は約20%です。「理系」への進学という側面で考えると、今度は吉祥女子に軍配が上がるのです。

さらに、頌栄女子学院は中学入試で「帰国生」を多く受け入れていて、例年20%~25%の帰国生が在学しています。「一般生」と「帰国生」別の大学合格実績を見てみましょう。

【表E】を見ると帰国生の大学入試の健闘が光っています。一般生にとっては、先ほどの【表B】【表C】の頌栄女子学院の数値は少し割り引いて見る必要のあることが分かりますね。

『令和の中学受験 保護者のための参考書』より

吉祥女子と頌栄女子学院の大学合格実績を比較しましたが、これはどちらが良い、悪いという話では一切ありません

吉祥女子は文理のバランスがほぼ均等であることに加え、芸術教育にも力を入れていることもあり、例年美大や音大の進学者が一定数存在するという特徴もあります。

頌栄女子学院の英語教育は定評があり、学校関係者に話を聞くところによると、一般生と帰国生とが交じり合って学校生活を送り、互いに刺激し合える環境になっていて、このことが在校生全体の英語運用能力を引き上げる秘訣になっているとのことです。

2校を例として挙げましたが、保護者の皆さんにとって「大学合格実績」の見方が変わるヒントになるのではないでしょうか

 
▼『令和の中学受験 保護者のための参考書』はこちら!

第一章:中学受験向きの子、不向きな子
第二章:志望校の選び方
第三章:中学受験という世界
第四章:中学受験期の親子関係
終章:令和の中学受験

関連記事

おすすめの記事