Photo by iStock

吉祥女子と頌栄女子を徹底比較! 大学合格実績をどう見るのが正しいか

令和の中学受験 保護者のための参考書(9)
私立中高といっても、その形態や教育内容はさまざま。保護者はどのような観点で、わが子の学校選びをすべきなのか。
計27年間中学受験の世界に身を置く作者、矢野耕平が受験で後悔しない方法を伝授。塾の新学期は2月から…『令和の受験 保護者のための参考書』で保護者も中学受験を“正しく”理解しよう。毎日連載>これまでの連載はこちら!

危ない学校の見分け方

私立中高一貫校は平穏に学習に励める保証があるのかと問われれば、わたしはそうとは限らないと回答しています

Photo by GettyImages

学校説明会などの場で、学校サイドが「わが校にはいじめ問題など一切ない」などと高言を吐いていたとしたら疑ってかかるべきでしょう。

学校の魅力をアピールするために臭い物に蓋をしているのであれば卑劣なやり口ですし、(あまり考えられないことですが)本気でいじめがないと思い込んでいるのだとしたら、それはあまりにもおめでたい考えです。生徒の様子に全く目を向けていないのではないかと呆れてしまいます

ただし、公立と比較すると私立中高一貫校のほうが「民間」であるぶん、何か問題が露見した際、学校側の対応は迅速であることが多いです。

私学だから「悪評」を流されたくないという防御心もあるのでしょうが、わたしはそれよりも異動の(あまり)ない環境だからこそ、教員間の連携に優れているのが、その最大の理由だと考えています。

 

さらに、わたしは「改革(変革)」を叫ぶ学校にも、疑いの目を向けるべきだと考えます。

教育現場で「改革」「変革」を謳うのは軽佻浮薄だと思うのです。

なぜか。

わたしは学校文化とはリレーの「バトン」のようなものだと考えます。何層にもわたる数多の卒業生たちが緩やかに育み、醸成してきた学校の気風や行事、部活動などの「バトン」を後輩に当たる在校生たちが受け取り、そのバトンを手に中高生活を駆け抜けていく……その営みが何十年、何百年と繰り返され、現在の学校文化が存在しているのです。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/