エネルギーも資源も、ぐるぐると巡ることで、新しい輝きが生まれる。それは家の中もきっと同じ。循環がある住まいには新鮮な空気が流れています。消費だけではない生活のヒントを、翻訳者・服部雄一郎さんの暮らしから学びました。

長く使える道具や自然に還る素材を選び、極力ごみを出さない。服部さんが家族で実践する暮らしには“選択の自由”がありました。

スポンジをやめてみる。
その自由を楽しみたい。

プラスチックでできたスポンジは使用後に可燃ごみになるだけでなく、洗う時にマイクロプラスチックも生んでしまう。服部家ではヘチマなどで代用。

「意外としっかり洗えるでしょう?」

キッチンスポンジ代わりのヘチマを手に、楽しげに食器洗いをする服部雄一郎さん。

採ったばかりの青菜をパスタに。
畑は“自然の冷蔵庫”。すぐ食べれば保存の必要もない。

この日の昼食は青菜をたっぷり刻んだオイルパスタ。妻の麻子さんが、裏の畑で採れた葉野菜で手際よく作ってくれた。オリーブオイルが残ったプレートが、ぬるま湯とヘチマでみるみる綺麗になっていく。指を滑らせるとキュキュッと気持ちのよい音。くたくたになるまで使ったヘチマは畑のコンポストへ。

週に一度、「ロータスグラノーラ」の屋号でカフェを開くキッチンスペース。

「野菜の皮なんかもザッと土に混ぜて、あとは放ったらかしです」。服部家のごみを極力出さない暮らしは、ルールに縛られたものではないようだ。服部さんの人柄のようにおおらかで、ストイックな空気は感じられない。

コーヒーはステンレスフィルターでごみゼロに。

そもそも服部さんがごみに関心を持ったのは20年近く前のこと。当時住んでいた神奈川の葉山で町役場に勤めたことがきっかけだ。

服部家のごみ箱。子育て中は絆創膏など、どうしても減らせないごみも多いそう。今はおよそ1ヵ月で5Lのごみ袋ひとつ分に。

「配属先がごみ処理を担当する部署だったんです。大学の専攻は翻訳論で、趣味は芸術鑑賞。だから、正直最初はごみかぁ……と思いました(笑)。でも働くうちに興味が出て、勉強がてら自宅でも分別を徹底してみたんです。同時にコンポストも始めたら、2~3週間たってもごみ箱がいっぱいにならない。ごみ出しがないと家事もラクだし、これはすごいぞ! と一気に楽しくなりました」

麻子さんが道端で拾ったアルミの板。その錆や汚れが絵画に見えたので壁にかけているそう。循環する資源はときにアートにも!