Photo by Gettyimages
# SNS

早くも「クラブハウス疲れ」蔓延!マウンティング、同僚バレ…話題のSNSで起きていること

1月末から日本で爆発的ブームが起きている話題の音声SNSアプリ「Clubhouse(クラブハウス)」。著名な経営者や芸能人の「ここだけの話」を耳にできたり、あるいは疎遠になっていた昔の友達と同窓会気分で話し込めたり……。ハマりすぎて寝不足になる人もいるくらいだが、一方で早くも「クラブハウス疲れ」を訴える人も……。
いま、クラブハウスで何が起きているのか? ITジャーナリストの高橋暁子氏がユーザーの生の声をまじえて解説する。

クラブハウス…、もう疲れた…

「Clubhouseはもう疲れた。最初はしばらく会えていない人と話せるのが新鮮で楽しかったけれど、時間は食うし気は使うしでもうぼろぼろ。会いたくない人とも再会してしまったし。正直やめたくなっている」

ある40代女性はため息をつく。

流行中の音声SNS「Clubhouse」で、「疲れた」という声が目立ってきた。

Photo by Gettyimages
 

Clubhouseはリアルタイムに話をしたり聞いたりできるアプリだ。使い方も、友達数名で話す電話のような使い方だけではない。気になるテーマのルームに参加して話を聞いたり話したり、芸能人のトークショーを聞くなど、ポッドキャストやラジオのような使い方もされているのだ。

話したい人は「ルーム」を立ち上げ、「モデレーター」となる。ルームに参加すれば話を聞くことができる。アーカイブは残らず、リアルタイムにルームに参加した人だけが聞いたり話したりできるような仕組みだ。モデレーターに許可されれば「スピーカー」として話すこともできるし、「リスナー」として聞くだけの参加も可能だ。

コロナ禍で人と気軽に会えない中、リアルコミュニケーションや新しい出会いも得られるとあり、大人気となっている。また音声のみなので、運転や料理など他のことをしながら「ながら聞き」ができるのも参加の敷居を下げている。場所や服装などを気にせず気楽に参加できる点もウケているようだ。

一方、これまでのSNSには、様々なSNS疲れが起きてきた。他人のコメントや足あとに振り回される「mixi疲れ」、フォロワー数やリツイート数が気になる「Twitter疲れ」、他人のキラキラ投稿で落ち込む「インスタ疲れ」などだ。

同様のことがClubhouseでも起きている。では、Clubhouse疲れとはどのようなもので、なぜ起きているのだろうか。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/