Photo by iStock

『信長の野望』開発企業の株高が止まらない…!過去最高益を叩き出した意外なワケ

株取引で約70億円の利益

1月25日、『三國無双』や『信長の野望』などのタイトルで知られるゲーム開発企業「コーエーテクモホールディングス」の第3四半期決算が発表されると、投資家の間で大きな話題となった。

コロナ禍の巣ごもり需要の追い風を受け、本業の営業利益が約193・6億円と前年同期比約3倍になったのもさることながら、注目されたのが、営業外利益。株取引で、約70億円もの利益を上げていたのだ。

Image by iStock
 

「同時に発表された同社の通期予想の数字も、売上高、利益ともに過去最高だった。経営も投資成績も、極めて優秀と言っていい」(マーケットアナリストの藤本誠之氏)

驚くべきは、同社には投資専従の部署もなければ、プロのトレーダーもいないなかで、この成績を挙げているという点だ。

「個別の株式等の売買の判断は、取締役会で決められたルールに基づき、襟川恵子会長が下しています」(同社担当者)

御年72歳の襟川氏は、夫である陽一社長とコーエーを立ち上げ、ゲーム開発者としても知られる。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/