Photo by gettyimages

菅総理に「あっさり捨てられた官僚」が、NTTドコモの重役に返り咲いていた…!

次官並みの待遇で「復活」したワケ

霞ヶ関が騒然…

逆らう者は容赦なく斬る。

官僚には無類の冷酷さを見せる菅総理だが、中でも有名なのが総務大臣時代の'07年、総務省の南俊行課長(当時)を更迭したエピソードだ。

「南氏は、菅氏が進めていた放送改革の担当課長でしたが、記者懇談会で『大臣はああ言うが、そう簡単ではない』と菅氏の方針を否定して怒りを買い、即座に閑職に飛ばされた」(総務省幹部)

この一件で南氏は次官レースから脱落、「菅氏に切り捨てられた男」というイメージがついた。

だがここ最近、捨てられたはずの南氏が、NTTドコモの常務執行役員として「復活」を遂げていることに、霞が関で驚きの声が上がっている。

Photo by gettyimages
 

「NTTドコモといえばご存知の通り、菅政権の目玉政策である携帯電話料金値下げの本丸です。

南氏は昨年6月に同社役員となりましたが、これはNTTによるドコモ完全子会社化の直前。官房長官時代の菅氏が、ドコモの体制変更に乗じて、気脈を通じる南氏を値下げ推進のエージェントとして送り込んだとみられます」(携帯電話大手幹部)

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/