2021.02.22
# 中国

習近平よ、アメリカはもう許さない…! ここから中国が直面する「マジでヤバい問題」の正体

橋爪 大三郎 プロフィール

憲法が規定していること

この点は、大事である。日本の憲法の、天皇の取り扱いと比較してみるとわかる。

日本の憲法には、天皇についての条文がある。大日本帝国憲法にもあったし、日本国憲法にもある。憲法の条文に定めがあるなら、天皇は、国家機関である。だから美濃部達吉博士は、天皇は国家機関であると説いた。日本中の法学部が、そう教えた。当然の考え方である。

それに異を唱える人びとが出てきた。天皇は、憲法がない時代から、日本の統治者だった。いまでも、憲法を超越した統治者であるはずだ。天皇親政説である。そして、美濃部博士の「天皇機関説」は間違っている、とする。

軍部がこれを支持して大騒ぎになり、美濃部博士は社会的生命を奪われ、天皇機関説は葬られた。天皇親政説が、大手を振ってひとり歩きした。

 

天皇が憲法を超越した権力なら、天皇に(だけ)従う陸海軍も、憲法を超越した権力になる。軍部の暴走に、根拠が与えられた。

アメリカはこれをみて、日本を許せず、戦争もやむをえないと覚悟した。日本の政治システムは、憲法によってコントロールされない、異質なメカニズムで動いている(だから危険だ)からだ。

SPONSORED