日本サッカー界の若きエース久保建英選手が所属していた、今季スペインリーグ上位に君臨する「ビジャレアル」。

欧州で最も堅実なカンテラ(育成組織)を持つクラブのひとつと評価され、世界中の指導者やスポーツ関係者が見学に訪れるという。

同クラブで長く育成に携わってきたのが、佐伯夕利子さん(現Jリーグ常勤理事)だ。佐伯さんは1992年に日本からスペインへ移住し、スペインで女性として初めて「プエルタ・ボニータ」というクラブの監督に就任。その後、ビジャレアルの女子チームの監督を務めるなど指導者としての経験を積んできた。

ビジャレアルは、なぜ世界から注目される育成組織を持ち得たのか。

その秘密を佐伯さんが書き下ろした『教えないスキル ビジャレアルに学ぶ7つの人材育成術』(小学館新書)より、同クラブ特有の指導法について一部を紹介する。

「オープンクエスチョン」を使え

2020年2月。SNSに5歳児の練習動画をアップすると、日本の皆さんから大きな反響がありました。

「嫉妬するほどうまい」
「5歳でこれができるの? 保険証確認したい!」
「きちんと、ボールを止める、蹴る、ができている!」
「団子にならないでボールを回せている!」
「遠めのレシーバーが見えていて、縦パスが出せるなんて!」

動画は次々に拡散され「ビジャレアル5歳児の衝撃映像!」などとタイトルがつけられました。

-AD-

しかし、いずれも指導者が教え込んだものではなく、子ども自身がシチュエーションのなかから探り当てた、彼ら流の判断なのだと理解しています。というのも、私たちは止まった状態で行うトレーニングを基本的によしとしません。流動的な練習メニューを用意します。
それをこなすうちに、スムーズにボールを受け、流れるようにパスをつなぐようになるのです。
遠めのレシーバーが見えているのも、そこに縦パスが出せるのも、視野の狭いこの年代の子たちに「見える領域」の幅を広げるための作業を、コーチが地道に行っているからでしょう。

「あそこに〇〇君がいるよ!」「右にパスを出して!」と一方的に答えを与えるのではなく、子どもたちに「気づき」を促すフィードバックを心がけます。
問いかけの基本ルールとして、YESかNOで済ますことのできる質問は避け、どうして? どのように? といった「オープンクエスチョン」をなるべく心がけ、相手が上手く表現できず答えに窮するような場合は、二択や三択のクイズにして誘導的な問いかけをします。

YESかNOの「クローズドクエスチョン」だと、質問者がすでに正解を用意しており、質問者が回答権を握っていることになるからです。
いずれにしても「回答者側に主導権」がある状況を常につくることで、問いに意味をもたせます。

ブログへのコメントのなかに「プロクラブの育成組織の子どもたちという点を差し引いても上手」といった意味のものがありましたが、さすがにこの年代でセレクションやスカウトはしていません。むしろ定員になるまで厳密に先着順で入団してもらいます

人口5万人ほどのビジャレアルは、まちの端から端まで歩くと30分で着いてしまう規模のまちです。動画でプレーしていた5歳児は36人。そのうち26人がビジャレアル市内在住で、残り10名も車で30分圏内で通えるまちの子どもたちです。
スペインは3歳から幼児教育を受けます。彼らが参加してくれているのは「シコモトリシダッド(Psicomotricidad)教室」。日本の「体操教室」に近いものです。教えるのはフットボールのコーチですが、教室名に「フットボール」という単語はあえて入れません。