中国でコロナ感染再拡大、規模は当局公表の10倍以上といえる理由

食料不足の封鎖都市、観賞魚まで食べる
北村 豊 プロフィール

その後もこの程度と公表

表は、その後の河北省、石家荘市および邢台市におけるCOVID-19の新規感染者と無症状患者の1週間ごとの推移(1月10日から2月6日)である。

1月31日から2月26日までの1週間の中で後半の2月4日、5日の2日間は、河北省の新規感染者と無症状患者がゼロで、当然ながら石家荘市と邢台市もゼロであった。2月6日は河北省の新規感染者はゼロで、無症状患者が1人確認されたが、それは石家荘市の住民であった。

なお、河北省衛生健康委員会が2月7日付で報じた『河北省COVID-19蔓延状況』によれば、2月6日24時までに河北省で確認されたCOVID-19の既存国内感染は192人(重症1人、普通症状155人、軽症36人)であった。累計では治癒退院者が1117人(海外からの持込感染36人を含む)、死者が7人、国内感染が1280人、海外からの持込感染が36人であった。

 

ところで、既に述べたように『河北省COVID-19蔓延状況』は河北省衛生健康委員会が毎日発表する公式データである。この数字に基づき、河北省では1月5日に戦時状態入りを決定し、1月8日に多数都市における都市封鎖を実施し、1月10日に石家荘市内7地区の危険度を低リスクから中リスクに引き上げ、翌11日には新たに9地区の危険度を中リスクと認定したのだった。

編集部からのお知らせ!

関連記事