photo by iStock/写真はイメージです

プレミア「紙幣&硬貨」を一挙公開…!あなたの財布の中にもあるかも!?

製造年、記番号を今すぐチェック!

家の中で見つけた古銭、ATMから卸した紙幣、お釣りでもらった小銭――。使いみちがなくて適当に放っておいたり、何気なく使ったりしてしまうものだけれど、それ、ちょっと待った! 製造年や紙幣の番号、記念硬貨の種類によっては、数十倍、数千倍のプレミアがつく場合があるのだ。

そんなレア度の高い紙幣&硬貨について教えてくれるのは、1963(昭和38)年創業、鑑定・買取実績豊富な「新橋スタンプ商会」寺田実社長。あなたが持っているそのおカネ、もしかするととんでもないお宝になるかもしれません。

※価格は、新橋スタンプ商会における売値をもとに紹介しています。価格は流通量、貨幣の状態などによって変動します。

【1円玉】この8種類が3000円に!?

まずは硬貨編。プレミアがつくポイントは製造枚数が少ない年の硬貨であること。他にも、5円玉や50円玉の穴が開いていない、もしくは穴がズレているといったいわゆる「エラー硬貨」も高額になりますが、市場に出回ることはほとんどないため、今回はあくまで“財布の中にあるかもしれないプレミア硬貨”のみをご紹介します。

1円玉で特に高値がつくのは、平成23年、平成24年、平成25年、平成28年、平成29年、平成30年、平成31年、令和元年。なんとその価値は3,000円。

1円玉で高値がつくのは、平成23年、平成24年、平成25年、平成28年、平成29年、平成30年、平成31年、令和元年

「平成23年頃からキャッシュレスによる決済手段が普及しはじめたことにより、23年、24年、25年の1円玉の発行枚数が激減しました。26年と27年が飛んでいるのは、26年に消費税が8%に引き上げられたことで1円玉の需要が増え、この2年に再び発行枚数が増加したからです。

しかしキャッシュレス化がさらに加速したことで、再度発行枚数が減少。近年に至っては、※『貨幣セット』用以外に製造されていないため、もし流通することがあれば高値がつくことが予想されます」(寺田社長)

※貨幣セット…その年に製造した貨幣のうち、一度も使用していない貨幣と年銘板(製造年を示すメダル)をセットにし、ケースに収納して販売したもの

 

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/