プレミア「紙幣&硬貨」を一挙公開…!あなたの財布の中にもあるかも!?

製造年、記番号を今すぐチェック!
マネー現代編集部 プロフィール

【若番、ゾロ目、キリ番、階段番号】珍番号も人気!

頭が「A」「AA」でなくとも、数字の並びが珍しければ、高値がつく可能性がある。たとえば1桁の番号(若番)は、かなり人気が高いそう。こちらの「000001」の千円札は、なんと30,000円!

「AA」券ではないが一桁台の「000001」の千円札は3万円の値段がつく

そして、ゾロ目も価値が高い。1が6つ並んだ「111111」の千円札は15,000円、「777777」の千円札は10,000円、「555555」の一万円札は23,000円で取り引きされる。

ほかにも「100000」といった切りの良い数字(キリ番)や、「123456」「654321」のような階段番号(上り番・下り番)が“珍番号”とされ、高値で取り引きされることがあるという。

「ゾロ目に関して言うと、日本人の好みなのか、偶数よりも奇数のほうが人気がありますね。ただし、偶数でも“末広がり”を表す『888888』は例外です。ランク的には、1位:「1」のゾロ目、2位:「7」「8」のゾロ目、3位:「5」のゾロ目、の順。もっとも人気が低いのは、お察しのとおり「4」の並びです。

キリ番の中だと、特に最終番号となる『900000』はプレミアがつくことが多いですね」(寺田社長)

ゾロ目も高額紙幣の特徴。特に「1」「7」「8」「5」のゾロ目は人気だ

以上、プレミア度の高い硬貨と紙幣をご紹介してきたが、ここでひとつ注意しなければならないことがある。それは、“あくまで未使用、もしくは傷が少ない状態のいいもの”のみが高額買取の対象になるという点。特に紙幣の場合は、折り目のない新品が基準となる。使用済みのものは、どんなにレアでも価値が下がってしまうのだ。

だが、たとえ財布の中には入っていなくとも、家の中から見つかったり、ふとしたタイミングで出会う可能性はある。そんな時、硬貨ならまず製造年を、紙幣なら記番号のチェックをお忘れなく。もしかすると、一攫千金の夢が叶うかもしれない。

監修:新橋スタンプ商会(http://www.shinbashistamp.co.jp/)寺田実さん

※日本銀行券(紙幣)や貨幣(硬貨)を偽造したり、紛らわしい外観を有するものの製造又は販売は法律によって固く禁止されています。抵触した場合は、事後において警察当局の取締りの対象となります。
 

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/