〔PHOTO〕gettyimages

大炎上の森喜朗「女性差別発言」、孫娘との会話から「深刻な問題」が見えてきた…!

私たちが森氏を語る理由

森喜朗オリンピック・パラリンピック組織委員会会長の女性差別発言への批判が止まない。

森氏側は早期の幕引きを狙って、発言の翌日には会見を開き「謝罪」「撤回」を行ったものの、SNS上では抗議集会が次々立ち上がり、炎上はさらに拡大し、鎮火する様子は一向に見えない。

菅義偉総理大臣の長男と総務省との接待疑惑を報じた「文春砲」をも吹っ飛ばす森氏発言の破壊力は、これまで「子どもを一人もつくらない女性が、好き勝手とは言っちゃいかんけども、自由を謳歌し楽しんで年取って、税金で面倒見なさいっていうのは本当はおかしいんですよ」(2003年)や、いわゆる「神の国」発言、「(無党派層は)関心がないといって、寝てしまってくれればいい」(2000年)、さらには首相在任中の2001年、ハワイのえひめ丸沈没事故の発生時にゴルフ場にとどまったことを指摘され「私が(官邸に)行かないことで、何が遅れたのか」と逆ギレし、首相退陣に追い込まれた発言等々、森氏のこれまでの失言の集大成とも言えるものである。

〔PHOTO〕gettyimages
 

「森萌え」の正体

女性を「一人前の人」として扱わず、「女性活躍」といって委員等にはするものの、「わきまえた女」と持ち上げながらものを言わない存在に留まることを暗に強要する。

今、国民が何を求めているのかというニーズにも、何に喝采し、何に怒るのかと言った国民感情を捉えることもできていない。その上、国際的な潮流にも鈍感だ。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/