母といるのが辛い子供もいる

「毒親」という言葉が社会に出てきて久しい。過干渉や暴言・暴力などで、子供を思い通りに支配したり、自分を優先して子供をネグレクトしたりする「毒になる親」のことを指すが、幼少期に受けた親からの対応は大人になってからもトラウマとして深く刻まれることが多く、看過できない問題だ。

そんな毒親との日々を綴った実録エッセイ漫画『おかあさんといっしょがつらかった』が大きな話題となっている。作者の彩野たまこさんと実の母親とのエピソードを記録したもので、子供に罵詈雑言を浴びせ、事あるごとに暴力をふるい、妄信する新興宗教に付き合わせ、挙句の果てに汚部屋にこもり酒に逃げる…“おかあさんといっしょ”の生活が、彩野さんを追い詰めていく。

2月10日に単行本が発売!

たとえば、子供から大人の女性へと変化する大切な証である初潮。自分自身の変化についていけず不安を抱く子供に、「怖がることなんてないよ」と共に成長を喜び、正しい知識を教えることは、大人にとって責務だろう。

けれども、彩野さんが初潮を迎えたことを知った母親が放った一言は

「汚らわしい 悪魔の子の証だよ!」

という信じられないものだった。

だが、壮絶なエピソードたちに寄せられた感想は意外にも「共感」だった。

「今思うと、自分は「母親が好き」なんではなくて「母親を好きになりたい」と思ってたんだな」

「私も母と折り合いが悪く、家を出られる日を耐えて待っていました」

「本当に最低な猛毒親ですね。うちの母にそっくり」

こうした声から、いかに毒親に悩む人が多く、また、幼少期のトラウマが今なお心に影を落としているかが分かる。

「毒親」に育てられた子供はある種の「洗脳」状態にあると言っていい。親に愛されたい、愛してくれないのは自分が「ろくでもない子供」だからだ…。そう思い込んでしまい、家庭外から子供たちのSOSに気が付くことは難しいのが現状だ。

子供たちを毒親から守るために、学校や地域がどう対応できるか。毒親に育てられた子供たちのメンタルをどうケアするか。毒親にならないためには何が大切か。社会をあげて考えていかなければならない問題だろう。

「おかあさんといっしょがつらかった」(彩野たまこ)
 
「おかあさんといっしょがつらかった」(彩野たまこ/講談社刊)2月10日発売!