2021.02.09
# 中国

日本人は知らない…中国の若者はもう「行列の割り込み」も「大声での会話」もしなくなっていた…!

中島 恵 プロフィール

ある程度の年齢になったら絶対に結婚するべきだ、という社会通念や価値観を押し付ける親に反論できず、以前は春節の帰省シーズンになると「レンタル彼女」と契約して、田舎の親や親戚一同を安心させるために恋人のフリをしてもらうことが流行ったが、今ではそんなことをしたら、SNSですぐにバレる時代になり、「レンタル彼女」という商売そのものが成り立たなくなってきた。

結婚もしない、子どもも欲しくないと思う若者が増え続けていることを受け、大家族主義だった中国でも、レストランでは「おひとり様メニュー」が増えてきている。今はまだレストラン内に12人掛けの円卓があるが、そのうち無用の長物になるかもしれない。

〔PHOTO〕iStock
 

現に、若者たちの間では、外食の際、中国料理よりもイタリアンやエスニック料理、日本食を選ぶ人が増えているというデータもある。家族を持たない若者の間でペットが流行っているが、そのおかげで、ペットが同伴できるカフェやペットのためのお手伝いさんの需要も増えている。

結婚して子どもができると、以前なら親が故郷から出てきて、率先して孫の世話をすることが「当たり前」だったし、子育てのやり方にいちいち干渉するのは中国人の親の特権だったが、経済的に豊かになり、健康寿命が延びた今、親世代も、生まれて初めて「自分の後半生」を考えるようになった。その結果、親にとって、子どもは自分のメンツのために存在するのではない、ということも自然とわかってきた。

関連記事

おすすめの記事