子どもを車内に放置…夫の単身赴任中、浮気相手と密会するヤバい母親のリアル

一歩間違えれば、熱中症になっていた
山村 佳子 プロフィール

この調査結果を伝えると、真梨さんは顔が真っ青になり、言葉を失った。

「夫の浮気は覚悟していましたけど、まさか本当に職場の後輩の家に通っていたとは、思ってもみませんでした。旦那さんが単身赴任しているのをいいことに家に上がり込み、さらには子どもまで連れまわして、一緒にホテルに行っていたなんて…、正直気持ち悪くて吐き気がします。

車内で放置されていた2人に何もなかったのが、せめてもの救いでした。不妊治療を夫婦で頑張っているつもりだったのに、こんな形で裏切るのは酷すぎます」

証拠を受け取った真梨さんは、離婚する意志を固めて、修平さんを徹底的に追い込むと決めた。

Photo by iStock
 

浮気相手の家に逃げたが…

なんと真梨さんは、自宅に帰って早速修平さんに証拠を突き付けたという。

するとあろうことか、彼は真梨さんに責任を押し付け始めたのだ。

「確かに浮気はしたけど、そもそもは真梨のせいだからな。不妊治療の成果はなかなか出ないし、仕事はストレス溜まるし…。こんな時こそ夫婦2人で協力すべきなのに、俺の話なんか聞いてくれなかったじゃないか。一緒にいても意味がないんだから、浮気したくなって当然だろ」

と開き直る修平さん。

「私のせいだって言いたいわけ?」

「そっちがイライラして、私に当たり散らしてたからじゃん」

「だからって浮気していい理由にはならないでしょ」

他にも真梨さんにも言いたいことは山ほどあったが、全てグッと飲み込んだ。「この人には、もう何を言っても無駄だ」と思ったからだ。

編集部からのお知らせ!

関連記事