子どもを車内に放置…夫の単身赴任中、浮気相手と密会するヤバい母親のリアル

一歩間違えれば、熱中症になっていた
山村 佳子 プロフィール

真夏ではなかったものの、その日はまだ日差しが強く汗ばむような陽気だった。双子の子どもを残して部屋へと上がった修平さんと女性は、30分経っても出てくる気配がない。

出入り口を見張る我々は、車内に取り残された子どもたちが心配で仕方がなかった。2人がホテルから出てくる瞬間を撮影できるようにカメラを構えつつ、時折双子が置き去りにされている車内を確認し、異変があったらいつでも通報できるようにスマートフォンを握りながら張り込みを続けた。

Photo by iStock
 

すると1時間と少しで、修平さんと女性はホテルから出てきた。幸い車内の2人は何も知らずにぐっすり眠っていて無事なようだ。

そのまま4人は車で女性の自宅まで帰り、そこで解散した。今回の収穫は、初めて女性の家ではなくホテルで密会している様子を撮影できたこと。滞在時間は短かったものの、離婚調停になった場合、法廷に提出できる不貞の証拠としてはかなり強力だ。

味を占めた修平さんと女性は、この後もたびたび寝ている双子を連れてラブホテルへ行き、車内に放置したままチェックインするという、信じられないデートを繰り返していた。その度にハラハラしながら車内をチェックし子どもの様子をうかがっていた調査員たち。幸いなことに、我々が張り込んでいた期間は2人とも無事だった。

時には別れた後、修平さんが友人との飲み会に参加することもあった。調査員が近くのテーブルに座って会話に耳を澄ませたところ、彼は男友達にこう話していたという。

「やっぱり、女は若い方がいいよな~」

編集部からのお知らせ!

関連記事