Photo by iStock

不妊治療中に夫がW不倫…発覚のキッカケは、妻への「ヤバすぎる一言」だった

二人三脚で暮らしてきたはずが…

どうせそのうち離婚するから

「夫婦2人で頑張ってきたつもりだったのに、いつの間にか裏切られていたんですね…」

私の探偵事務所にやってきた岡本真梨さん(38歳・仮名、以下同)は、呆然とした口ぶりで漏らした。

長年この仕事をやっていると、「なぜそこまで酷いことができるのか?」と問い詰めたくなるような人間に遭遇する。今回は、不妊治療中の妻をほったらかしにして、職場の女性と「W不倫」を楽しんでいた男性の事例を取り上げよう。

【依頼者の家族構成】
岡本修平(37歳) IT企業勤務、年収は約800万円
岡本真梨(38歳) 住宅メーカー勤務、年収は約700万円

友人の紹介で知り合った2人が結婚したのは、9年前のこと。互いに仕事熱心で、休みの日には共通の趣味であるサイクリングを楽しみながら、仲良く暮らしてきた。4年前には修平さんの職場からほど近い品川区にマンションを購入し、仕事も順調で充実していた岡本さん夫妻。しかし希望していたにもかかわらず、2人にはなかなか子どもができなかった。

Photo by iStock
 

そこで話し合った末に、マンションを購入したのと同時期から、岡本さん夫妻は不妊治療を始めた。「子どもがほしい」という希望に向かって修平さんと二人三脚で進んでいるものだと、真梨さんは思い込んでいたのだ。

編集部からのお知らせ!

関連記事