photo by iStock
# 新型コロナウイルス

新型コロナの影響で、本当に「東京から人が減っている」のか…?

「東京一極集中」をデータで読み解く

25年連続の転入超過の東京圏

新型コロナウイルス禍で東京への“人の動き”に明らかな変化が現れている。新型コロナの感染拡大は“東京一極集中”に歯止めをかけるのか――。

筆者は7月20日に「新型コロナで『日本人の東京離れ』がいよいよ現実味を帯びてきた…!」で、新型コロナ禍により東京の人の動きに大きな変化が起きていることを取り上げ、東京一極集中が変わる可能性を取り上げた。

そこで、2020年の東京の人の動きを取り上げ、その後の東京一極集中がどのように変わりつつあるのかを検証してみたい。

photo by iStock

総務省の2020年の住民基本台帳人口移動報告(日本人の移動者数)によると、東京圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)への他の道府県からの転入者数は45万9096人、東京圏からの転出者数は36万1091人と、9万9243人の転入超過となった。

これは25年連続の転入超過で、新型コロナ禍にあっても東京圏の人口が増加していることを示している。

 

だが、そこには大きな変化が現れている。東京圏への転入者数は2019年に比べて4万9540人も減少している。特に、東京圏では昨年7月に1459人の転出超過となり,2013年7月以来、久しぶりに東京を離れる人のほうが多い月となった。その後も、8月、11月、12月と転出超過となっている。

より詳細に東京の人の動きを見るため、東京都に限って動きを見てみよう。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/