photo by gettyimages

コロナ感染から順調復帰の石原さとみ、4月ドラマでも「ナチュラル」な演技は見られるのか…?

デビューから徐々に垢抜けていき…

2月4日、女優の石原さとみが新型コロナウイルスに感染していたことが明らかになった。自宅療養中であるものの無症状で、仕事復帰のメドも立っているという。ファンからは「無症状でよかった」「気をつけて」との安堵のコメントが上がった。

2020年10月に「電撃婚」を発表し、下半期の芸能ニュースの話題を攫った石原。折しも当人はドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジ系)主演を務めた直後だった。

石原は次回作として、今年4月スタートの日テレ系ドラマ水曜午後10時枠のドラマに出演予定。綾野剛とのW主演ということもあり、恋愛がメインテーマになる話題作になりそうだ。

photo by gettyimages
 

03年、NHK朝の連ドラ『てるてる家族』のヒロインに抜擢、一躍有名女優になったのち、『WATER BOYS2』など若者向けの人気作品に次々と出演する。

特に『ウォーターボーイズ2』『H2』の頃の印象がいまだに強い人も多いかもしれない。当時は素朴なルックスと等身大の演技が魅力に映った石原も、キャリアを重ねるにつれて艶やかさを増し、演技力も迫真を増す。

'06年の『N’sあおい』で民放連ドラ、'09年『ヴォイス〜命なき者の声〜』(共にフジ系)で月9初主演を果たした。

日本を代表するテレビドラマ女優にのひとりなってからは、石原は出演する地上波ドラマほぼ全作で主演を務めるようになる。『失恋ショコラティエ』(フジ系)『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日テレ系)そして年末年始に再放送されていた『アンナチュラル』が印象に残っている人は多いだろう。

ここ最近の石原は、『アンサング〜』がそうであったように、仕事に奮闘する女性を反映する役柄が多いように映る。一方で、『金麦』のCMのような、めちゃくちゃ「ナチュラル」なキャラクターもこなしてしまう。

突然の結婚により、4月からのドラマでも演技に変化はみられるのだろうか。現在、ツイッターやインスタグラムなどSNSの公式アカウントは開設していない石原。プライベートはますます謎に包まれた存在になったが、今後ともぜひ「ナチュラル」な石原さとみの表情が見たいところだ。

関連記事

おすすめの記事