〔PHOTO〕Gettyimages

ドイツ人が封印した過去「ドイツ帝国」とはどんな時代だったのか

帝国建国150周年を機に振り返る

「ドイツ帝国」という史実

1871年1月18日、ドイツ帝国が建った。

それまで、この場所には、30余りの大小とりどりの領邦が寄り集まっていたのだが、突出していたのがプロイセン王国と、オーストリア帝国。オーストリアはちょうど、シシィの愛称で知られるエリザベト皇后の時代で、領土は膨張し、文化は爛熟しすぎていた。一方のプロイセンは、規律正しく、上昇志向旺盛な若い軍事国家だ。

1866年、現デンマーク、及び北ドイツに位置する領土の帰属をめぐって、この両国が対立し、戦争が勃発した。ドイツ人同士が戦った普墺戦争だ。その結果、オーストリア帝国は2ヵ月足らずの間に、プロイセンに打ち負かされた。

これで弾みをつけたプロイセンは1870年、フランスとの戦争を始める(普仏戦争)。フランスという共通の敵に対する敵対心を煽ることで、一気にドイツ諸邦を束ね、プロイセンの主導でドイツ統一に持ち込むというのが狙いだった。その作戦の中枢には、ビスマルクという老練で、かつ偉大な政治家がいた。

普仏戦争はドイツ軍の優勢の下で進み、ビスマルクの念願通り、いよいよドイツ統一が迫る。

Gettyimages

71年1月、パリ郊外のヴェルサイユ宮殿の鏡の間でドイツ皇帝の即位式が催される。こうして、冒頭に記したようにドイツ帝国が成立したのだが、この時点では、フランスとの戦争はまだ終結していなかった。

つまり、ドイツ諸侯は、わざわざ敗色の色濃い敵地フランスに出向いて、彼らの宮殿でドイツ帝国建国の式典を、これ見よがしに催したのである。このやり方が、フランス人の神経を逆撫でしたことは言うまでもない。

48年後、このドイツ帝国が第1次世界大戦に敗れた時、その講和条約の調印式が、同じくヴェルサイユ宮殿の鏡の間で行われたのは、決して偶然ではなかった。ここでドイツが連合国相手に結ばされたのが、過酷すぎる戦時賠償で有名なヴェルサイユ条約だ。

今年は、そのドイツ帝国成立から数えて150周年に当たる。しかし、ドイツでは、公的な機関がそれを話題にすることも、美術館や博物館が(コロナ規制があるので、たとえばオンラインで)特別展示として取り上げることも、一切なかった。

実は、これまでも、「ドイツ帝国」という史実はほとんど無視され続けているので、今年も従来通りに過ぎなかったのだと言えば言える。

 

しかし、ドイツ帝国の存在は、ドイツの近代史を振り返ったとき、それほど小さな出来事だろうか。しかも、奇しくも150周年の今年、それをここまで封じ込めてしまうことは果たして妥当なのか。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
編集部からのお知らせ!

関連記事