まずは水回りに注目…「お宝中古マンション」をゲットするための「5つのコツ」

リフォーム前提で考えると、景色が違う
針山 昌幸 プロフィール

お宝マンションを手に入れるコツ

マンションを購入する人のライフスタイルによって、最適な間取りは変わってきます。
しかし、マンションディベロッパーには、マンションを購入する人のライフスタイルなど予測がつきません。

そこで、一般に受けがよい「なるべく広い部屋」を確保しようとします。実際に生活してみると動きづらかったり、生活しにくかったとしても、図面の上では見た目のよい「大きな部屋」を確保しようとするために、使いづらい間取りになってしまっているのです。

 

しかし、たとえ現在は使いづらい間取りだったとしても、リフォームをしてしまえば間取りを変えることが可能です。リフォームを前提して考えれば、現状の間取りは大きな問題ではないのです。

また、不当に評価が低くなっているマンションの特徴として、「水回りが汚い」というケースがあります。

水回りは手入れ・メンテナンスの仕方によって、汚れ具合がまったく変わってきます。
つまり、リフォームをすればこの水回りも完全に新品にすることができます。

「水回りは新しい方がいいから新築にしました」という人もいるでしょうが、そこは考え方を変えるべきです。水回りのリフォームは、思ったほど費用がかかりませんし、それどころか、新築マンションの設備よりも格段にグレードの高い設備にすることも可能なのです。

ここからは、さらに踏み込んで、リフォームを前提としたマンションの間取り選びで失敗しないためのチェックポイントを見てみましょう。

編集部からのお知らせ!

関連記事