(写真提供:松島トモ子さん)

死んだと思った…松島トモ子がいま明かす「ライオンとヒョウの襲撃事件」の真相

松島トモ子がコロナ危機の中、ブログを更新している。「ライオンの餌」というブログタイトルの由来は? なぜブログを始めたのか? あの“事件”の真相とは? 松島本人がぜんぶ語る。

松島トモ子がライオンに襲われた――。今から35年前の1986年1月、衝撃的な一報が日本に届いた。その10日後、今度はヒョウに噛まれる。あと1ミリ場所が違えば、全身不随になる程の重傷だった。

2つの大事故は昭和から平成、令和と移り変わっても語り継がれている。

「ビートたけしさんや明石家さんまさんがコントで、散々おやりになったみたいですよ。最近ですと、爆笑問題のお二人もお好きで、時々ネタに使ってくださいますし。船場吉兆のささやき女将とパッケージになってますでしょ、私」

 松島トモ子さん(撮影:村田克己)
 

コロナ禍で仕事のキャンセルが続いていた昨年8月、松島はブログ「ライオンの餌」を開設。キャッチーなタイトルは、親交の深かった永六輔の一言に由来している。

「永さんのイベントに出演する際、『今日のゲスト、ライオンの餌・松島トモ子!』と呼ばれていました。初めて言われた時は、ビックリして舞台の袖で立ちすくみましたよ(笑)。若い方々が私を知っていらっしゃるとすれば、ライオンやヒョウの話しかないわけで。タイトルは、これっきゃないなって。全く迷いませんでしたね」

35年経った今も話題を呼ぶ“ライオンとヒョウの襲撃事件”は、なぜ起こったのか。

編集部からのお知らせ!

関連記事