# 競馬 # ギャンブル

かつて競馬場に巣食った「裏稼業」4選…忘れ去られた商売人は今どこに

“〇〇屋”と呼ばれた人たち
佐藤 永記 プロフィール

4.拾い屋

拾い屋は裏稼業とは違う感じもするが、「〇〇屋」とつくレース場の風物詩なので最後に取り上げる。やってることは簡単で当たっている、もしくは返還となった馬券が誤って捨てられているものを拾って払い戻しを受ける人のことだ。

的中や返還の対象となる馬券は拾得物かつ資産なのでちゃんとレース場か警察に届けなくてはいけない類のもの。もちろん拾って払い戻しを受けるのは違法行為だ。

現在、拾い屋として毎日レース場に通っている人がどれだけいるかはわからないが、ボコボコに負けてついつい「あたり馬券落ちてないかな」と下を見たことくらいはあると思う。だが、誰かの当たり馬券なのだから魔が刺さぬように。

 

最近だと買った馬券をスマホで撮っておく場合や、券売機に置き忘れた馬券も直後に気づけば購入者と馬券は紐付くことが可能だ(保証してくれるかは別ですよ)。

筆者も何度か、購入したのに馬券を券売機から取り忘れ、すぐに係員に申告したところ警備員などが確保しておいてくれ、購入タイミングと馬券ごとのコード等と確認した結果、手元に戻ったことがある。つまり、落ちてる馬券も紛失物として届けられていたら……だから絶対やっちゃダメですよ。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/