コロナ自粛中だから「削れる支出」がある photo/iStock

コロナで「家計が赤字になる人」たち、その「意外すぎる共通点」があった…!

削るべき高額支出トップ10選を全紹介

コロナ家計がめちゃ「改善」する方法

コロナ禍の影響からなかなか抜け出せずに、昨年から続いて家計のやりくりに苦しんでいる人は多いことだろう。そこで今回は、高額支出をあぶりだして、家計を赤字から脱出させる作法を紹介したい。

昨年は職を失った人も多数出て、失業せずとも毎月の給与がダウンしたり、ボーナスが大幅減少になったりする人が続出した。月収が5~10%ダウンしただけで、家計は一気に暗転してしまう。

コロナ家計を改善する photo/iStock
 

貯蓄が十分にないため、キャッシングなどに手を出してしまった人もあるかもしれない。2万円借りてしのいだところで、翌月2万円を返済して2万円をさらに借りるようなことになるのがしばしばで、これは賢い選択とはいえない。

貯えがあったとしても、取り崩しが生じれば、精神的に追い詰められることにもなりかねない。

できれば借金や貯蓄の取り崩しを避け、「減った収入で、毎月の支出をやりくりする」ところに家計をなんとか落とし込みたいところだ。しかし、どうやって削ればいいのか分からず、苦労している人も多いはず。

そこで高額支出の10項目を紹介し、上手にコストダウンを図る方法を伝授しよう。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/