2019年3月に突然足が動かなくなり、検査入院を経て、9月にALSを告知された津久井教生さん。ニャンちゅうの声でも人気の津久井さんが、現実に向き合い率直にALSについて伝える連載「ALSと生きる」。前回は1年間で身体がどのように変化していったのかを綴ってくれました。その中には、大好きなピアノやギターが弾けなくなっていったこと、ブランドタッチで打っていた原稿が左手の指一本になっていったことも書かれていました。そして今回の原稿は、さらなる新しい挑戦で書き上げてくれたと言います。多くの新しいことに挑み続ける津久井さんの今を伝えてもらいます。
2020年の「ニャンちゅう」チームの皆さん。左から比嘉久美子さん、津久井さん、鎮西寿々歌さん 写真提供/津久井教生
津久井教生さん連載「ALSと生きる」今までの連載はこちら
-AD-

皆さんの反応は本当に勉強になります

ALS(筋萎縮性側索硬化症)を検索すると「感覚があるままに体が動かなくなる病気」という説明が多くなされています。もう少し詳しい記事を探すと「筋肉が動かなくなってしまう」と書かれています。さらに「現在、効果の認定されている治療法がない」と言われている事で知られています。前回は「声」に対する思いと、ご質問の多かった私の1年の身体の変化と現状をお話ししました。今回は皆さんからの反応への思いと現状をお話しします。

もともとライターで戯曲作家でもあって、自分の劇団「絵空事計画」で台本や朗読劇を書いていた私は、人物ウォッチングが大好きです。ですから例えば100人、人がいると100通りの個性があるという考え方が、最初から基盤にあったのです。

多くの方の考え方を知りたいので、連載へのコメントは興味深く拝見させていただいています。「マイナスのコメントを見て悲しくなりませんか?」と聞かれることもあるのですが、私の文章で様々な思いがあることを発見できるほうがパワーに変えられていると思います。過去の例でいうと、「俺なら死ぬね」なんてコメントはインパクト抜群ですよね。

でもこのコメントで私は死なないです。
その方がそう思ったことですし、私にそうしろとは言ってないですから。

いろんなコメントがあります…Photo by iStock

誹謗中傷など「ネットでの言葉の暴力」が問題になっている昨今です。確かに、「自分がそう思ったから何でも言っていい」ということではないと思います。自分の思いを書いているものと、人を攻撃しているものの境目は大切ですし、見分けたいと思います。

中でも一番思うのは、私の発信に真摯に反応してくださる方々のコメントはとてもありがたいということです。