SNSで医療従事者が一斉に抗議に動いた

1月21日、『天久鷹央の推理カルテ』シリーズや『仮面病棟』などのベストセラーを数多く出しているミステリー作家で医師の知念実希人氏のTwitter(@MIKITO_777)が話題を集めた。

新型コロナウイルスのワクチンに関して、不安を煽る報道が複数の媒体で相次いだことで、Twitterでは、ワクチンに対するメディアの報道姿勢に多くの医療従事者から批判の声が殺到したのだ。

知念氏もワクチン報道のあり方に懸念を抱いていた。自分としてできることはないかと考え抜いた結果、ひとつの行動に出た。問題となった報道が、自身が著作を出している出版社であったこともあり、直接抗議をした。非科学的な事実と異なる記事で、過剰に不安を煽ることを控えてもらうように依頼し、それが受け入れられない場合には今後の刊行を検討するという内容のものだった。

作家にとって自分の著作はまるで子供のような、とても大切な存在だ。知念氏もその思いは変わらない。今回の抗議は断腸の思いであったに違いない。それでもTwitterにコメントをした理由は一体なのだろうか? 作家であり、医師でもある立場だからこそ憤った今回の出来事を振り返りながら、新型コロナウイルスのワクチン接種への思いを語っていただいた。

知念実希人(ちねん・みきと)沖縄県生れ。東京慈恵会医科大学卒業。2004年から医師として勤務。2011年に『レゾン・デートル』で島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞し、翌年、タイトルを『誰がための刃』と改題し、作家としてデビュー。2018年に『崩れる脳を抱きしめて』で広島本大賞、沖縄書店大賞を受賞。「天久鷹央」シリーズ、『螺旋の手術室』『ひとつむぎの手』『仮面病棟』『時限病棟』『ムゲンのi』『優しい死神の飼い方』などの人気著書も多数ある。

※文中、新型コロナウイルス感染症(covid-19)のワクチンを短縮して、新型コロナワクチンと表記しています。