まるで誕生日の「ご褒美」のよう

しかし、その翌年、転機が訪れる。子供が2歳になり38歳を迎える由貴さんの誕生日に、夫の両親に娘を預けて、夫婦水入らずで2泊3日の旅行へ行くことに。出産以来の初めての2人きりの旅行に、2人は久しぶりに恋人気分を味わった。

〔PHOTO〕iStock

「旅行中、仕事の話は禁止。温泉に浸かってリラックスしてお喋りしていくうちに、また昔の愛情が蘇ってきて、出産以来初めてのセックスもしました。お互いにとても満足のいくセックスだったし、とにかく優しい気持ちになれてすごく幸せだった。それ以来、私の誕生日には毎年旅行に行こうね、という話になったんです

「でも……」と由貴さんは続ける。「結局、日常に戻るとまたセックスレスに逆戻り。できるのは、年に1度の誕生日旅行のときだけになりました」。

それから4年が経ち、子供が小学校にあがり結婚13年目を迎えた頃、由貴さんは年に1度だけでは我慢できなくなった。子育てが少し落ち着いて心に余裕が出てきたのもあって、性的欲求が戻ってきたのだ。

ところが、ダイエットをしてみたり、美味しいご飯を作ったり、甘いムードを出して誘ってみたりしても、相変わらず拒否し続ける夫。ある晩、とうとう由貴さんの堪忍袋の緒が切れた。

「『私の誕生日だけセックスなんて何考えてんの⁉ “ご褒美セックス”のつもり? もうあなたとは離婚する!』と爆発してしまったんです」

〔PHOTO〕iStock

すると、夫はやっと由貴さんの思いに気づいたようで、目に涙をためてこう切々と語ったという。

「僕はもうほとんど性欲がわかないんだ。だから、セックスを無理強いされるのはつらい。でも、今でも由貴ちゃんのことは好きで大切にしたいと思ってる。離婚も絶対にしたくない。

だから……他に恋人を作ってもいいよ。ただ、浮気を家庭内に持ち込むのだけはやめてほしい。これからも由貴ちゃんと家族と会社を続けていきたいから」