この大ブームのあとは…

ここ数日間で、日本の芸能界も一気にClubhouseに参加し始めました。誰もが知るような芸能人でさえ、フォロワーがまだ数人という状態を見ると、Clubhouseがどれほど新しいSNSかがわかります。

例えば渡辺直美、藤田ニコル、エハラマサヒロ、元AKBメンバー、ふわちゃん、金子貴俊、つるの剛士、メンタリストDaiGo など…様々な有名人がClubhouseを使っています。昨夜面白かったのは「こじるりが、東大の松尾豊教授にAIの可能性についていろいろ聞いてみる夜」。乙武さんも加わり、AIの第一人者とわかりやすく意見交換をしている様子は、今までのSNSでは見られなかった光景だと思いました。

もちろんこれからは海外とのやりとりも増えるだろうし、それこそバイデン大統領とレディーガガの雑談なども聞ける日が来るかもしれません。

インスタグラムのような“映え”が簡単には通用しない世界、Clubhouse。音声だけで人を魅了し、次の時代のインフルエンサーになる人は生まれるのでしょうか。または新型コロナが終息し、誰とでも集まれるようになったらこのアプリは飽きられるのか。

[PHOTO]gettyimages

今のコミュニケーション不足を解消するためのツールで終わる可能性もあると思うし、ここから大きく伸びて1年後もこのアプリが皆さんのiPhoneのトップ画面に残っていることも十分に期待できます。

まだまだ日本では生まれたてのClubhouse、本物の「クラブハウス」のように社交の場になるとしたら、ここからの可能性は無限大ですね。まずは信頼できる人からの招待(推薦)でアプリをダウンロードしてみてはどうでしょうか。