「言われずに勉強する子」になる親の言動

以前、娘との対談でも話しましたが、私自身は娘のすみれに「勉強しなさい」と言ったことは一度もありませんでした。「『勉強しなさい』『宿題しなさい』と親に言われたことはない」というのは、私がサマースクールSIJ で関わっているハーバード生たちも決まって口にすることです。

 廣津留さんが主宰するサマースクールSIJの講師を務めるハーバード生たち。「親は、『勉強しなさい』と言わない代わりに、何でも挑戦させてくれて、失敗しても『問題ない』と明るく受け止めてくれた」と語る学生が多い 写真提供/廣津留真理
-AD-

塾に行かず、海外留学もせず、家庭学習だけでハーバード大学に合格したのは、もちろん娘が猛勉強をしたからですが、彼女は言われなくても一人で勉強する習慣を小さいうちに身につけたのです。その習慣を身につけられるかどうかは、親の日頃の言動がすべてです。

娘が生まれた時「可愛すぎる!」と感動した私は、なんとか娘とのいい関係をずっと保ちたいと思いました。恋愛でいえば、娘に「モテ続けたい」と思ったのです。お互いが相手にとって魅力的な存在で、お互いに依存することなく向上し続けることができれば、恋愛は長続きします。上から目線で「〜〜しなさい」と相手に指示する人間がモテないのは自明の理です。言わずに「この人のために何かしてあげたい」と思わせるのが恋愛の鉄則です。「モテ親」になれば、子どもは「勉強しなさい」と言わなくても自ら勉強するようになるのです。
では「モテ親」になるために必要なこととはなんでしょうか?