コロナで住宅ローン返済が厳しい人が「支払い減免」されるスゴい制度があった…!

利用しない手はない

新型コロナウィルスの感染拡大のなか、住宅ローンなどの債務の返済を滞納せざるを得ない人が増えていることを受け、「コロナ版ローン減免制度」が、2020年12月1日から適用開始となった。この制度について、NPO法人住宅ロ-ン問題支援ネット代表理事の高橋愛子氏が解説する。

ローンの減免が可能

「コロナ版ローン減免制度」が始まった。正式名称は、ちょっと長くてややこしいが、〈「自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン」の新型コロナウイルス感染症に適用する場合の特則〉である。

この制度(ガイドライン)自体は、東日本大震災や大型台風など多くの自然災害が頻発している中で生まれた。こうした災害によって被災した人の中には、自宅や自家用車を失っても、ローンは残ったままという方も多くいる。被災した人の経済的負担を軽減するために、平成28(2016)年4月から運用が開始されたのである。

〔PHOTO〕iStock
 

「ガイドライン」は、災害救助法の適用を受けた自然災害の影響を受けたことによって、住宅ローン、住宅のリフォームローンや事業性ローンなどの債務を返済できなくなった個人が、破産手続などの「法的倒産手続」の要件に該当することになった場合、債権者と債務者の合意にもとづいて、このような法的倒産手続によらずに、債務整理(借金の減額をしたり、支払いに猶予をもたせたりすること)を行うために取りまとめられたものだ。

平たく言えば、自然災害でローンの支払いが厳しくなった人について、金融機関が債務の減免をする制度である。

関連記事