三田寛子〔PHOTO〕gettyimages

「不倫リピート夫」中村芝翫と「神対応妻」三田寛子の「不思議すぎる関係」

ルーティーン不倫もいつかは離婚につながる

4年ぶり2度目の不倫報道

1月7日に、歌舞伎俳優の中村芝翫(しかん)さんの不倫が報じられました。

報道によると、芝翫さんは昨年11月末に仕事で訪れた京都で23歳下の女性とホテルに3泊して、12月には東京でも会ったそうです。

芝翫さんは後に所属事務所を通して、身勝手な行いにより家族の絆を乱したとして謝罪のコメントを発表しました。

芝翫さんは4年前にも京都の芸妓との不倫を報じられています。当時は前名の中村橋之助を名乗っていて、中村芝翫を襲名する直前の報道だったこともあってか、会見を開き、妻の三田寛子さんにきつく叱られたと謝罪をしています。三田さんも報道陣に対応し、「深く夫婦で反省しております」と謝罪をしました(参照「23歳下の美女と京都3泊 中村芝翫、4年ぶりの不倫スキャンダル」)。

成駒屋公式Webサイトより
 

この報道から4年が経ち、また不倫が発覚したことになります。

しかも今回のお相手とされる女性は昔から芝翫さんを贔屓にしていて、この襲名披露の際にも楽屋用の鏡台をプレゼントしていたそうです。

三田さんにしてみれば、あの時襲名のために奔走したのに……と思わずにはいられないのではないでしょうか。夫妻の三人のお子さんはいずれも歌舞伎の道に進み、三男が今年成人を迎えるので、子育ても一段落したと言える時期なので、普通の夫婦であればこの機に離婚を考えることもありえます。

とはいえ、三田さんが離婚を決意したというような報道はまだありません。

歌舞伎役者などの職業においては「女は芸の肥やし」と言われることも多いですが、度重なる不倫が発覚しても、なぜ三田さんは離婚をしないのでしょうか。

男女問題に詳しい堀井亜生弁護士が解説します。

編集部からのお知らせ!

関連記事