# 大相撲

ネットで話題…毎日、大相撲中継に映る謎の美女「溜席の妖精」の正体…!

後援会の関係者か?

凛とした雰囲気の女性

「溜席の妖精」をご存じだろうか。1月10日から両国国技館で大相撲初場所が開催されているが(記事初出時、24日で千秋楽を迎えた)、そのテレビ中継に毎日映る謎の黒髮美女がいると話題になっている。

「彼女が座っているのはいつも、東の花道と言われる場所のすぐ脇の『溜席』。溜席とは、審判員のすぐ近くの座布団席のことで、いわゆる『砂かぶり席』のことです。

ほぼ毎日、その溜席の同じ場所で観戦していることから、ネット上や相撲ファンの間で『溜席の妖精』と呼ばれているのです」(スポーツ紙記者)

Photo by iStock
 

彼女はいつも色鮮やかなロングのワンピース姿で、背筋をピンと伸ばし、正座で観戦。取組が終わると、小さく上品に拍手をする。

コロナ禍で観客数を制限しているため、ガランとした国技館の客席のなかで、彼女の姿は自然と目に入る。凛とした雰囲気が人気を呼び、密かにファンが増えているのだ。

しかし、溜席の価格は一席で約2万円。場所中、15日間通えば、30万円を超える。そうした事情もあって、相撲ファンの間では「有名力士の親族だろう」「太いタニマチの娘では」などと様々な憶測が飛び交っている。一体彼女は何者なのか。

関連記事