この写真の中のエゾユキウサギを探してください
# 癒し # 動物

雪原に潜むエゾユキウサギを探せ! 見つけられるかな?【動画つき】

コロナに負けるなfrom北海道
純白の世界にじっとしていれば、ひと安心。くつろいでいます。

ふかふかの新雪でも飛ぶように走れる特殊能力

近所の里山にエゾユキウサギを探しに出かけました。

今年の雪は、この時期としては例年の倍くらい降ってるんじゃないかというくらい積もっています。

 

ここまで大雪になると除雪が大変ですが、真っ白な雪と野生動物を絡めるとフォトジェニックになるので、ワクワクしている自分がいます。昨年は雪が少なく不完全燃焼だったので、今年は気合が入っています。

腰くらいまで積もった雪をかき分け、エゾユキウサギの足跡を追跡します。僕が腰くらいまで埋まってしまうふかふかの新雪でも、エゾユキウサギは、ほぼ埋まることなく走ることができます。足の裏の構造が特殊なんでしょうね。すごい能力です。

雪原にエゾユキウサギとキタキツネの足跡が交差していました

追跡を続けると、足跡が途切れる場所があります。それがエゾユキウサギの得意技、止め足です。足跡をつけて、その足跡を踏みながら戻り、天敵の追跡を逃れるのです。そして、藪や雪のくぼみに潜むのです。

驚かせてしまうと、ウサギは一気に数百メートルも走って逃げます。エゾユキウサギは日本の哺乳類で最速の逃げ足を持っているので、逃げ出したら、一瞬で見失ってしまいます。

驚かすのも可哀想だし、シャッターチャンスを逃したくないので。慎重に、そ~っと動きます。

この日は、上手く見つけられました。

この写真の中にエゾユキウサギが写っています。どこにいるかわかるかな? 正解は文末に!
真っ白な雪原で冬毛になったエゾユキウサギを探すのは、耳の先の黒い毛が頼りです

雪原のくぼみに隠れたウサギは、食事をしたり、リラックスしていました。

食料が乏しい冬。この日は小枝をかじっていました

刺激しないように、短時間で撮影を済ませて帰ってきました。

夜行性のエゾユキウサギ、昼間は、じっと動かずに身を隠しています。それが、自分を守る最善策なのです。動くと、天敵の鷹や、キツネなどに見つかってしまいますからね♪

新型コロナ禍の終息が見えず、大雪に見舞われている北海道ですが、健気で可愛いエゾユキウサギに出会えて、幸せな気持ちになりました。

エゾユキウサギを探せ! 正解はここでした

関連記事

おすすめの記事