photo

コロナ禍の今こそ、全世界に「行動変容」のムーヴメントを!

「公平な」低炭素社会実現への道のり

好評シリーズ「WPI世界トップレベル研究拠点」潜入記 第8回!

WPI(世界トップレベル研究拠点プログラム)は、異なる研究分野間、言語と文化の垣根を超えて世界の英知が結集する、世界に開かれた国際研究拠点を日本につくることを目指して2007年、文部科学省が策定した研究拠点形成事業で、2021年現在、全国に13研究拠点が発足しています。

8回目となる「潜入記」の舞台は、九州大学 カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(WPI-I2CNER)。『技術』、『社会』、『システム』の結びつきについて独自の研究をしているアンドリュー・チャップマン准教授にお話を聞いてきました。

今となってはずいぶん前の話に感じるけれど、2019年はグレタ・トゥンベリさんの登場とともに「CO2削減」がとても熱いトピックだった。多くの人々が「間に合わないぞ」と言い、CO2削減の必要性を叫んでいた。しかし、2020年は新型コロナウィルス一色。世間では地球温暖化の話やCO2削減の話など二の次という状況だ。目の前の危機のほうが優先されるのは分かるのだが……。

もちろん、「コロナ禍で世界中の人の移動が大幅に減ったためにCO2も激減した」という良い知らせもある。しかし、だからって安心できるわけではない。我々の生存のために産業革命以降の気温上昇を1.5℃にまで抑える必要があるわけだが、すでに1.2℃上がっていることに変わりはない。はたして「CO2排出量を2030年までに26%減。2050年までにゼロにする」なんて実現できるのか……。

という疑問をぶつけたくて、再生可能エネルギー関連の研究者を探していたら、またもや、九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(以下、WPI-I2CNER)に適任者を発見。アンドリュー・チャップマン准教授である。コロナ禍の規制緩和の合間を縫って、さっそく我々、WPI潜入チームは福岡へと飛んだ。

【写真】九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所

技術、社会、システムの関係性を探る

「Nice to meet you!」

「あ、日本語で大丈夫ですよ。どうもどうも。ようこそいらっしゃいました!」

【写真】アンドリュー・チャップマン准教授アンドリュー・チャップマン准教授

なんと! チャップマン准教授はとても日本語が堪能なオーストラリア人なのであった(それも西日本風アクセント)。

WPI-I2CNERはCO2削減と再生可能エネルギーシステム構築のための様々な基礎科学を研究している研究所なのだが、「社会経済技術分析と政策分析」という文系テイストの研究も行なっている。チャップマン准教授はまさにそのど真ん中、「再生可能エネルギー移行と社会の関係性」を研究する研究者なのである。

関連記事