〔PHOTO〕iStock

中国で爆当たりの「宿題解説アプリ」、世界の投資家がカネを注ぎ込む「ヤバい破壊力」

中国で「宿題アプリ」と呼ばれるAI(人工知能)を使った教育サービスが急拡大している。宿題などの設問をスマホで撮影すると、たちどころに解答や解説が得られ、場合によっては動画などでより詳しい解説を受けられるというものだが、単に宿題をラクするためのアプリとは考えない方がよい。

各社の時価総額はすでに巨額となっており、その資金力を生かして、世の中に存在するあらゆる設問をデータベース化している。現時点ではあくまで初等中等向けの教育サービスだが、この手法は学術論文などにも応用できる可能性があり、圧倒的な「知」の体系を作り上げる可能性も出てきている。

〔PHOTO〕iStock
 

教育の概念をひっくり返す

宿題アプリとして中国国内でもっとも使われているのが「作業幇」である。頻繁にアプリを利用するアクティブユーザー数は1億7000万人を突破しているが、中国における5~14歳の人口は約1億7000万人しかいない。このアプリは高校生も対象範囲に入っているが、主な利用者は小中学生と考えられるので、ほとんどの子どもがこのアプリを使っていると推測される。

作業幇の最大の特徴は、設問をスマホで撮影すると自動的に内容を解析し、類似の問題をデータベースから探し出し、解答と解説を送ってくれることである。このサービスは無料で利用できるが、有料サービスで講師を呼び出して指導してもらうこともできる。講師は利用者が付けたレビューや動画などで選別できるシステムとなっており、優秀な講師陣が揃っているという。

アプリという形になっているが、予備校や学習塾が提供していた各種機能やサービスが、より高度にIT化したものと考えればよいだろう。

編集部からのお知らせ!

関連記事