# 新型コロナウイルス

コロナ禍に「世界同時株高」の深層…メディアがなぜか報じない「不都合すぎる真実」

失業は増えているが、消費が減らない…

2013年とは「状況」が違う

バイデン新政権の船出を株式市場はトライフェスタの祝砲で迎えた。ダウ、S&P500、ナスダック総合の主要3指数はそろって史上最高値を更新した。

日経平均も2万9000円台目前、世界的な株高となっているが、この背景には中央銀行による未曽有の金融緩和によって創り出された過剰流動性があるのは衆目の一致するところである。よって目下のところ絶好調と言える株式相場に変調が訪れるとすれば、それは現在の金融緩和が終わる時であろう。

いや、実際の金融緩和の終了の前に、市場がその予兆を察知するか、もしくはFEDと市場のミスコミュニケーションがあれば大きな波乱となるリスクがある。2013年に起きた「バーナンキショック」あるいは「テーパータントラム」の再来を危惧する声が多い。

しかし、僕はその可能性は高くないと考える。理由は以下の通り。

1. 市場関係者は100人中100人が、それをリスクと指摘している。細部に違いはあれ、大方は「コロナピークアウトの兆し→景気回復期待の高まり→市場が金融緩和の終了を意識⇒長期金利上昇」というようなシナリオをリスクシナリオとして描いている。

しかし、100人が100人ともリスクと指摘するようなことは起こらないのが常である。すでに広く認識されているリスクは織り込み済みと考えられる。

 

2. テーパータントラムが起きた2013年の状況とは異なるからというのが理由の2番目である。バーナンキがテーパリングの可能性に言及した2013年5月は、前年9月に開始されたQE3の最中であった。

QE3は2013年12月に縮小が決定、2014年10 月末に終了したが、バーナンキショックの時点ではFEDは月850億ドル規模の買い入れを着々と進め、市場もそれにどっぷり頼り切っていた。

グラフ1:FRBのバランスシート(2011-2014)

ところが今はFEDの資産購入のペースはすでに落ちている。FEDのバランスシートはコロナ対応で昨年の春から夏にかけてわずか3カ月で4.3兆ドルから7.1兆ドルに急拡大したが、その後はいったん減少に転じるなどして、いまは微増であり、少なくとも拡大ペースは完全に鈍化した状態だ。

編集部からのお知らせ!

関連記事