〔PHOTO〕iStock

コロナ自殺、一体なぜ…「周りに迷惑をかけて申し訳ない」という「加害者意識」の正体

日本の感染者が患う「もうひとつの病」

感染者が訴える「加害者意識」

1月22日、「コロナ自宅療養者自殺」という非常にショックなニュースが飛び込んできた。新型コロナウイルス感染により自宅療養中だった東京都内の30代の女性が亡くなり、残されたメモには、周囲に迷惑をかけてしまった後悔などが綴られていたという。

女性の娘も感染したことから、女性は娘が学校で居場所がなくなるかもしれないと夫に相談しており、社会から排除される不安が背景にあることは間違いないようだ。

筆者が代表を務めるNPO法人WorldOpenHeart(WOH)では、「新型コロナ差別ホットライン」を設置し、差別に悩む感染者や家族からの相談を受けてきた。感染者が抱える絶望感は想像以上に大きく、「死にたい」と訴える相談者も少なくない。

本稿では、「周りに迷惑をかけて申し訳ない」といった日本の感染者が抱える「加害者意識」の正体を明らかにし、同様の自死を防ぐために何をすべきか考えてみたい。

〔PHOTO〕iStock
 

「いろんな方に迷惑をかけてしまったかもしれないと思うと、心苦しくなります……、コロナが感染したらすぐ死ぬ病気だったら、むしろ楽だと思います……」

震える声で訴える山本くみさん(仮名・30代)は、夫の感染による濃厚接触者としてPCR検査を受けたところ陽性が確認された。子どもたちも感染しており、山本さんは子どもたちが学校や習い事の場で感染を広めてしまったのではないかと思い悩んでいた。子どもは大人のような徹底した予防が難しい。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/