# 離婚

年収650万円の夫が青ざめた、離婚したい「専業主婦」からのヤバすぎる逆襲

この夫婦生活、もはや苦痛でしかない…
露木 幸彦 プロフィール

2021年も別居が続いて…

祐樹さんの予算は無限大ではありません。離婚を勝ち取るために費やすお金は少なければ少ない方が良いのですが、とはいえお金を渋ることで妻が離婚に応じてくれないのでは本末転倒。では離婚に対してどのような“値付け”をすれば良いのでしょうか。

<登場人物(相談時点。名前は仮名)>
:目黒祐樹(39歳。会社員。年収650万円)
:目黒美里(37歳。専業主婦)
子ども:目黒大樹(6歳。祐樹と美里の長男。小学生)

「正直、疲れました。もういい加減、解放されて自由になりたいです」

祐樹さんはため息まじりにそう言いますが、外から見ると絵に書いたような幸せな家庭でした。上場企業の会社員で安定収入が保証された夫。家を守り、夫を支える専業主婦の妻、そして小学校に上がったばかりで可愛い盛りの息子さん。

しかも、3年前に購入したマイホームに引っ越してきたばかり。住宅ローンの返済はこの先、34年間も続き、残債務はまだ4200万円もあるのですが、そのことを差し引いても、祐樹さん夫婦には明るい未来が待っているように思えました。

 

しかし、家庭の「内」に入ると景色は一変。

家にいるのは妻子のみ。祐樹さんは家を出て、実家に戻り、すでに1年が経過。祐樹さん家族はすでに崩壊した状態だったのです。

「息子のことを考えると苦渋の決断でした」と振り返りますが、祐樹さんは電話やメール、LINEで何度も妻に伝えました。「離婚して欲しい」と。しかし、妻から前向きな返事を得られず、時間ばかりが過ぎ、別居のまま2021年をむかえたのです。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/