photo by gettyimages

マスコミの幼稚すぎる「コロナ対策批判」…次の標的は「ワクチン接種」だ

河野太郎氏が担当大臣になったワケ

マスコミの主張は二転三転

ここ最近のコロナ関連のマスコミ報道はひどい。ただ煽りたいだけのようにしか映らない。

そもそも、日本の感染者の状況は、世界と比較すればまだ「ひどくない」ほうだ。以下の図は、本コラムでたびたびだし、データ更新しているが、依然として日本の新型コロナ状況は悪くない。それにもかかわらず、ケチをつける、煽るとなると、かえって様々な不都合が生じてくる。

 

昨年「GoToトラベル」について、マスコミは止めろとの大合唱だった。GoToトラベルによる人の移動は全体の1%程度しかなく、コロナ感染拡大の「元凶」になっているとは言いがたい。

だが、非合理にもマスコミは止めろと主張した。政府は、それを受けて「とりあえず」止めた。感染が止まればそれでよし、止まらなければGO TOは無関係とわかるのでよし、だったのだろう。

一方でマスコミは「観光が大変だ」と、まるでマッチポンプのような報道を続けた。GoToを止めても感染者増加したため、ハッキリ言ってマスコミの主張はデタラメだったが反省はない。

昨年12月はじめの新型コロナ対策についても、マスコミは「大きすぎる」と批判した。その後の新型コロナ対策を見据えたものだったが、マスコミはちょっと先も見えないようだ。

そして、今年1月に政府が出した緊急事態宣言について、マスコミは「遅すぎるし、支援が少ない」とまで批判した。流石に道理が通らなすぎる。これについては、1月11日の本コラム「医療崩壊を防ぐために…3月までに使える「9.3兆円」活用が日本を救う 重要なのは「アメとムチ」のバランス」で、マスコミの小鳥脳(少し前のことも覚えていないこと)と批判した。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
編集部からのお知らせ!

関連記事