リクルート、サントリー…強い会社には時代を超えた「口グセ」がある

わが会社のスゴさをお客に伝えるには?
自社の物やサービスの魅力を顧客にきちんと伝えられているだろうか? それを考えるプロがブランディング・コンサルタントだ。コロナ禍のこの時代にブランディング?と思われるかもしれない。しかし、自らのビジネスや会社を見直すときに、頼りになるのが実はブランディングの手法なのだ。佐藤圭一氏の著書『選ばれ続ける必然 誰でもできる「ブランディング」のはじめ方』からご紹介しよう。

自分の会社の良さは何? 答えは必ず会社の中にある

ブランディングを依頼され「会社のあるべき姿」をカタチにしていくときに、私が最も大事にしているのは、「答えはその会社の中にある」ということです。

たとえば新しい社名をつける、ロゴを作る、キャッチコピーを作るといっても、それは有名なコピーライターがかっこいい言葉を並べ、巨匠デザイナーがクールなロゴを作ればいいというものではありません。こちらから一方的に押し付ける「価値付け」には、何の意味もないからです。

Photo by iStock
 

ブランディングは、ただ打ち上げ花火のように発表するのではなく、それを社内外に理解させ、共感させられなければ、意味がありません。社員自身が自分たちの会社の価値を見出し、その上で、納得できるプロセスを経て決まったロゴやスローガンであることが重要です。そして、なぜそれに決まったかを説明できるロジックを、社員と共有していることが大切なのです。

ですから、ブランディングを進めるときにはとにかく、社員を巻き込んでいくべきだと考えます。これは、外部コンサルタントやクリエイターを雇ってブランディングを進めるときにも同じことが言えます。社員を巻き込めないブランディングは、その後、必ず形骸化します。

関連記事