〔PHOTO〕Gettyimages

トランプ支持者の「議事堂襲撃事件」、その展開に私が「希望」を見た理由

「手続き」が守られたことの意味

1月6日、アメリカの連邦議会議事堂にトランプ大統領支持者の一部が乱入して大統領選挙の結果を暴力で覆そうとした。この事件は多くのアメリカ人だけでなく、日本を含む世界の人々にも大きな衝撃を与えたが、『憲法で読むアメリカ現代史』などの著作がある同志社大学特別客員教授の阿川尚之氏は、襲撃事件のその後の展開に、一縷の希望を見たという(肩書きはインタビューを行った1月15日のもの)。

襲撃の「後」に起きたこと

――議事堂襲撃事件をどうご覧になっていますか。

阿川 アメリカは建国以来、人々のあいだに極めて多様な価値観が存在し、そうした価値観の相違が多くの対立や衝突を引き起こしてきた国です。対立があまりにも深刻化したために、国家が分裂し内戦にまで至ったことが一度あります。近年様々な理由でアメリカでは価値観の対立が再び激化し、二極化の傾向が顕著です。トランプ大統領はその対立を象徴し、さらにしばしば激化させる存在です。トランプがアメリカを再び分裂させるのではないかと考えてきた人もいます。

こうした対立や衝突の可能性を常に内在させながらどうやってアメリカの統一を維持し異なる価値観を抱く国民同士の共存を可能にするか――アメリカ人はずっと頭を悩ませてきました。多数決を基本とする民主主義に加えて、立憲主義や法治主義、裁判を通じての公平な紛争解決は、そのための手段です。もちろんいつもうまくいったわけではありません。それでもアメリカはなんとかそれでやってきました。

私はトランプは乱暴なことを色々言うけれど、そうしたアメリカの国の形や仕組みの枠の中で自分の主張と活動を行なってきた、アメリカという国が決定的に分裂するような行動は際どいところで避けてきたのではと見ていました。ところが今回の襲撃事件で彼はその線を逸脱してしまった、超えてはいけない線を超えてしまったと感じています。

議事堂襲撃の様子〔PHOTO〕Gettyimages
 

アメリカ人はそのことに大きく動揺してショックを受けたわけですが、最悪の事態の一歩か二歩手前で、今回何かが変わった。あるいは食い止めた。その点で私が注目したいのは、「襲撃の後」に起きたことです。

編集部からのお知らせ!

関連記事