正しくないものを絶対許さない人々と国家…これは「日本の近未来」なのか

桐野夏生さんインタビュー
石戸 諭 プロフィール
 

みんなで道徳的に、倫理的に、政治的に正しく振るまうよう求められる。それは、正しくないものが許されない、同調圧力の極致だ。言葉を監視する市民、正しさを強要する国家、そしてどこにも逃げられないシステム……。すべて出揃ったとき、『日没』は衝撃的なラストを迎える。作家の言葉は、不思議と現代社会と共鳴する。

《ラストは日没サスペンデッド、ゲームオーバーです。繰り返しになりますが、これは虚構ですが、現実は追いついてきていると思うのです。日本的な形で、今、香港で起きているような弾圧、監視社会化が進むのではないでしょうか。

その入り口は、もしかしたら行き過ぎたポリティカル・コレクトネスを求める声かもしれません。権力も社会もすべて差別を利用して、正しい表現を求めるかもしれない。そうなったら、危険です。》

『日没』からの夜明けはまだ見えない。それどころか、むしろ、こうも思うのだ。2020年はまだ薄暮なのかもしれない。これから日は沈み、そして暗い夜がやってくる、と。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/