ティラノサウルスの化石が消えた…空白の2000万年に何がおこったのか?

ティラノサウルス徹底研究 第12回
好評連載「ダイナソー小林の超肉食恐竜ティラノサウルス徹底研究」
ここまで、ティラノサウルスの仲間を進化の度合いから一軍、二軍、三軍に分け、さらにそれぞれの棲息時期やエリアを整理してきました。今回は、前回すこしだけ触れた「二軍メンバーの2度目の失踪」について解説していただきました。

巨大な砂漠で見つかった「ティムルレンギア・エウオチカ」

ところで、ティラノ軍団二軍メンバーは、白亜紀セノマニアン期の始めから白亜紀サントニアン期の終わりにかけ、2度目の失踪をしています。これを専門家の間では「白亜紀中頃のティラノサウルス類のギャップ」とよびます。

このギャップを終えてカンパニアン期に入ると、再びティラノ軍団があらわれます。2000万年もの間には、一体何がおこっていたのでしょうか? ――答えをいってしまうと、特別に何かがおこっていたわけではなく、ただ見つかっている化石が少ないだけです。

ウズベキスタン中央部に大きなキジルクム砂漠が広がっています。キジルクム砂漠の面積は、日本の国土の4倍弱。この砂漠で、ティラノ軍団が見つかりました。時代は、「白亜紀中頃のティラノサウルス類のギャップ」真っ只中のチューロニアン期中期から後期。見つかった骨は、頭一部、首の骨一部、背骨一部、尻尾一部、前足と後ろ足の指一部といったところ。

一見、全身の骨が見つかっているようですが、実はこれらはひとつの個体のものではありません。キジルクム砂漠の調査地になったポイントには、どこから流されてきて集まったのかもわからないほど、ばらばらと多くの骨が落ちていたそうです。

それでも、頭骨の脳が入っていた部位の一部に、他のティラノ軍団にはない固有の特徴が確認されたことから、それが新しい恐竜のものであると結論づけられました。その名は「ティムルレンギア・エウオチカ」。

「ティムルレング」とは、14世紀に中央アジアから西アジアにかけてティムール朝という帝国を建国したティムール大帝にちなんでいます。そして「エウオチカ」は耳が発達したという意味です。

大きさは中国のシアングアンロンと同じくらいで、全長3~4メートル、体重170~270キロと、そこまで大きいものではありません。この場所からはティムルレンギアらしい骨がたくさん見つかっているものの、ほかはすべてこれより小さいため、見つかったティムルレンギアは成体であると考えられています。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/