経営者、起業家こそ知るべし。池上彰が説く「はやぶさ2」の成功戦略

共感、人事、そして「失敗」

深宇宙の航海を成功させ世界を驚かせた日本の探査機「はやぶさ2」

地球に持ち帰った小惑星リュウグウのかけらを収めたカプセルの展示がいよいよ全国で始まった。生命の誕生と太陽系の成り立ちの解明にむけた分析も近く始まる予定で関係者の期待は高まるばかりだ。

宇宙分野にも造詣が深いジャーナリスト池上彰はこの「はやぶさ2」の成果を高く評価すると同時に、実は経営者や起業を目指す人、そして組織のリーダーにこそ、この偉業の真相を知って欲しいと話す。池上は書籍の対談取材で"世界的な成功を勝ち得るヒント"を紐解いた。

【写真】池上章さん池上彰さん

「共感」を得るための努力が成功を導いた

記者:単刀直入にうかがいます。はやぶさ2の成功の秘訣はどこにあったのでしょうか?

池上:ひとつは「人事」、もうひとつは「共感」です。

記者:「人事」はイメージがわきますが、「共感」とは何ですか?

池上:では、「共感」から説明しましょうか。これはJAXAの内部での共感もありますし、JAXAの外の共感もあります。両方あるんですね。

JAXAの内部で言いますと、はやぶさのチームに関わっていない科学者やスタッフは当然多くいますよね。そうしたはやぶさに関わっていない人たちや部署も、はやぶさの計画に共感を持ってもらうということです。

外部も同じです。JAXAの関係者だけでなく、そうではない科学者や国の関係者、もう少し言うと国民にも理解、関心を持ってもらうということなんですね。

この共感がないと、挑戦的な取り組みが大成功を収めることは簡単ではなくなると思います。

記者:具体的なことではどんなことでしょうか?

池上: たとえば、2号機の計画が立ち上がる時です。初号機の国民的な人気と盛り上がりもあり、2号機のプロジェクトは順調に立ち上がるかに見えましたよね。関係者も一気に進めたいと思ったと聞きました。

しかし、そこには異論も出てきた。ひとつは科学者コミュニティーからもありました。「2号機で何をサイエンスとして目指すのか、そこが明確ではない」と、いわばクレームがきたわけです。

だいたい、どの会社でもどの組織でもそうなのですが、プロジェクトの中にいる人は、どんどん進めたいわけです。しかし、これは一方で、関わっていない人たちからすると、置いてきぼりをくっている感じもしてしまうわけです。

この時、JAXAは改めて、2号機のミッションの目指すものを整理しました。科学者コミュニティー全体にとってどんなメリットがあるのかも、説明を重ねる努力をした。一方的に進めることをやめて立ち止まった。当初、ミッションの問題を指摘する急先鋒だった名古屋大学の渡邊誠一郎先生を招き入れて、2号機が目指すものは何かを議論し直しています。

これにより、これまではやぶさに関わっていなかった人たち、呼ばれていなかった科学者の人たちも、はやぶさの計画に関心を持つわけですね。

【写真】渡邊誠一郎教授「はやぶさ2」リュウグウ到着 記者会見での渡邊誠一郎教授 photo by JAXA

共感を得るために大切にすべきこと

記者:「共感」でより多くの人の力が結集するということでもありますね。

池上: そうですね。そのためには、単に説明するだけでは駄目なんですね。初号機が持ち帰った小惑星のサンプルは、JAXAのチームの研究者だけが独占する訳ではないんですね。広く国内外の科学者も分析に参加できるようになっています。2号機でもそうですね。

つまり、世界の科学者にとっても、はやぶさ2号機が無事に帰還してくれることで自分の研究が進むわけですね。自分にとってもメリットがあるわけです。そうであれば、成功してほしいですよね。こうしたことが共感を生み出すのです。

たとえば、ある企業が新製品を出すことになったとしましょう。その新製品を開発している部署は当然頑張ります。しかし、この時に大切なのは、それ以外の部署が共感しているかどうかなんです。言い換えれば、会社全体でその新製品を押し出しているのかどうか、ということにもなります。

共感がないと、他の部署の社員からしてみたら、新製品が売れようと売れまいと関係ない。それでは挑戦的な取り組みの成功はおぼつかないですね。その企業であれば、たとえば、新製品開発のノウハウ、開発から得られた副産物をほかの部署とも共有するようにして、他の部署の新開発につながるようにしてあげるとか、新製品が売れることで、他の製品の売り上げも伸びるといった相乗効果を計算するとか、ですかね。

関連記事