アラフォー女性に多いのが、“尿もれ”の悩み。咳をした瞬間や、重いものを持ったときなど、お腹に力を入れたときに尿がもれてしまったり、トイレに着くまでにもれてしまったりといった症状が起き、困っている女性は多いようです。これは、なぜ起こるのでしょうか? その原因を、著書『ほぐピラWORKOUT 「ほぐす」+「ピラティス」がいちばん痩せる!』(講談社)が話題のパーソナルトレーナー・星野由香さんに伺いました。(取材・文/和田美穂)

尿もれが起こる「最大の原因」とは

「体の筋肉は加齢とともに衰えていきますが、特に衰えやすいのが“抗重力筋”です。これは、重力に逆らって姿勢を支えるために働く、体のインナーマッスル。長年、重力に逆らい続けているため、特に衰えやすいのです。

そしてこの抗重力筋の土台となるのが骨盤の底にあるハンモック状の筋肉“骨盤底筋”です。骨盤底筋は、内臓を下から支える役割があり、この筋肉が膀胱と尿道を支えることで尿道が正しく締まり、尿が漏れるのを防いでいます。

そんな骨盤底筋も加齢とともに衰えていきますが、それに加えて、骨盤底筋には、妊娠や便秘などによって上から重みが加わることでも大きな負荷がかかるため、緩みやすい傾向があります。すると、尿道が正しく締まらなくなってしまい、尿もれが起きるのです。出産をすると子宮口が開くので、さらに骨盤底筋は緩みやすくなります。出産経験者に尿もれの悩みが多いのはこのためです」(星野さん)

また、尿もれの原因には、呼吸も関係しているとか。

「抗重力筋が衰えると、重力に逆らって体を伸長する力が低下し、体幹のスペース=腹腔が狭くなります。腹腔とは、内臓が入っているお腹の空間のことで、上側に横隔膜、背中側に多裂筋、お腹側に腹横筋、そして下側に骨盤底筋があります。

これらの筋肉は、呼吸と連動していて、息を吸うと横隔膜は下がって骨盤底筋も下がり、息を吐くと横隔膜は上がって骨盤底筋も引き上がります。この動きに伴って多裂筋や腹横筋も働き、外へ向かって腹腔内圧が高まることで、体幹をしっかりと支えることができます。

でも、腹腔が狭くなると、これらの筋肉の動きが制限され、呼吸が浅くなって、腹圧も弱くなってしまいます。その結果、骨盤底筋がいっそう衰え、尿もれしやすくなるのです」(星野さん)