初めから「全て受け入れてくれる親友」
を探すのは難しい

まず、今回のご相談者さんがおっしゃる「自分を家族のように丸ごと受け入れてくれる人」を親友として見つけようとするのは、なかなかハードルが高いことを目指していらっしゃるかもです!

それが親友の定義だとすると、私にも親友がいるかどうか……ちょっと自信がありません。w

Photo by iStock

「心が開ける存在」っていうのは、関係していく中で「自分が」相手のことを安心して関われる=なんでも話せる人だと「思うようになった」のであって、その人自身はただ普通にその人として存在しているだけです。
その人がまるで自分の全てを受け止めてくれるように“感じた”「自分の考え」があるだけで、もしかしたら相手は全く受け止めているという認識はないかもしれません。

今、ご相談者さんの定義でいうと、
親友とは「誰かになってもらうもの」で、今回のお悩みは「親友という役割を担ってくれる人を見つけること」に悩まれているように思います。
「親友」とか「心を開く」という言葉の持つポジティブなイメージにとらわれすぎないようにしてみてくださいね!

-AD-

「親友」とは、家族のように自分を受け止めてくれる「役割を期待」するものではなく、自分が信頼を寄せたり、深い感謝や愛情が自然と沸き起こる人のことを言うのかなと私は思います。

「親友になった」というのは、2人の関係の中での結果論だと思うんですよね。

初めから「自分を全部受け止めてくれる親友が欲しい!」と求人募集のような目線で「急募!親友!」としてもなかなかそんな面倒見の良い人を見つけるのは簡単ではないかもしれません。

今回の場合はとても親友という存在に「役割を期待している」感じがあるので、まずはどうしてそんなに自分を受け止めてくれる人が必要だと思っているのか、そして一体自分の何を受け止めてもらいたいのか、をはっきりさせることから考えてみるといいかもしれませんね☆ そこにヒントがありそうです!