提供:ネスレ日本

サステナブルの先進企業として知られるネスレ日本株式会社(以下、ネスレ日本)と、2018年12月からSDGs特集号を出し続けているFRaUがタッグを組んだ読み聞かせ企画「#えほんでみらいをかんがえる」。
2月1日(月)より5週連続(毎週月曜・金曜更新)で、ネスレ日本公式YouTubeチャンネルにて、環境をテーマにした絵本をブックハウス&カフェの店長茅野由紀さんが選書した環境をテーマにした絵本の、“読み聞かせ”した全10本の動画が配信される。読み手の方は公開順に寺島しのぶさん、中村仁美さん、福田萌さん、佐々木希さん、青木裕子さん

第1回の『もったいないばあさんかわをゆく』、第2回の『ピンク!パール!』の読み聞かせをしてくれた寺島しのぶさんに続き、読み聞かせしてくれたのが中村仁美さんだ。第3回『いえいえ、そんなことはありませんよ』第4回『山に木を植えました』を読んで改めて感じた絵本の力、環境のこと、子育てのこと、子どもと一緒に考える地球のこと、そして家族と仕事の話もたっぷり伺った。 

「#えほんでみらいをかんがえる」ってどんな企画? 詳しくはこちら! 
中村仁美さんによる読み聞かせ動画はこちら
#3 『いえいえ、そんなことはありませんよ』
#4 『山に木を植えました』

3男が生まれた後、読み聞かせできずにいました

一年半近く、“読み聞かせ”から離れていた。

9年前、長男が生まれたばかりの頃は、言葉がわからなくても、起きている間は、四六時中絵本を読み聞かせていた。6年前に次男が産まれてからは、読み聞かせは寝る前の“儀式”として、毎晩、兄が1冊、弟が1冊。1日に2冊の絵本を読むのが習慣になっていた。それが、2019年の6月に三男が生まれると、その寝る前の儀式すらする余裕がなくなってしまう。

「毎晩、三男をお風呂に入れて、寝かしつけるだけで精一杯で。たまに『これ読んで』と、リクエストされた絵本を読んでいるときも、三男が邪魔しにきて。言葉の意味がわからないから、勝手にページをめくったり(苦笑)。読み聞かせに集中できないので、しばらくやめていたんです。でも、今回お仕事で絵本の読み聞かせをする機会を与えていただいて、久しぶりに、お借りした絵本を子どもたちに読んで聞かせようと思って」 

撮影/山本倫子

テレビやYouTubeなど、日常的に刺激的なものに触れている子どもたちが、果たしてこの絵本を最後まで聞いてくれるのか。特に小学3年生の長男が、「もう絵本なんて嫌だ!」となるのではないか不安だった。

「でも、いざ読んでみると、『お母さん、もう一回読んで!』って、ビックリするぐらい夢中になってくれた。しかも、長男は、スギヤマ カナヨさんの『山に木を植えました』が、次男はシゲタサヤカさんの『いえいえ、そんなことは ありませんよ』が気に入ったみたいで。読んだ後の、それぞれの感想を聞くのも面白いんです。おかげさまで最近は、いつもより早くお風呂に入って、寝る前に時間があるときに、『一人一冊、どの本を読もうか?』という読み聞かせの習慣を復活させることができました」