Photo by iStock

気鋭の教育行政官が描く、「教育を変える」ための設計図

新刊『教育は変えられる』推薦エッセイ
「みな同じ」の一斉教育から、「みな違う」を前提とした、子ども一人一人にカスタマイズされた、「みんなを伸ばす」教育へ。そのビジョンとロードマップを描いたのが、山口裕也さんによる最新刊『教育は変えられる』です。
刊行に際し、著者の盟友で、現代新書『教育の力』『愛』の著者でもある苫野一徳氏に推薦エッセイをいただきました。専門家が語る本書の魅力とは??

重厚かつ全方位的な、「教育を変える」ための設計図

公教育が始まって、約150年。いま、その“構造転換”が勢いよく起こり始めています。

山口裕也氏の新著『教育は変えられる』(講談社現代新書)は、この「公教育の構造転換」の明確なビジョンとロードマップを、重厚かつ全方位的に描き出した、きわめて読み応えのある名著です。

重厚、というのは、本書は、単に流行を追うようなものではなく、「そもそも公教育は何のためにあるのか」という、長い哲学の歴史が明らかにした原理を土台に編み上げられているからです。

それはつまり、それぞれの置かれた立場からお互いを批判し合ってしまいがちな——つまり党派争いが起こってしまいやすい——教育界にあって、一段深い次元での教育論が展開されているということです。

また全方位的、というのは、本書の扱う範囲が、

⑴これからの「学び」のあり方
⑵それを支える教師をはじめとする学校組織や地域のあり方
⑶学びの「場」、つまり学校施設・設備のあり方
⑷教育行財政(教育委員会)のあり方

など、「教育を変える」ために必要なあらゆる視座を網羅しているからです。

イノベーション研究で有名なクレイトン・クリステンセンの言葉を借りれば、教育は「相互依存的アーキテクチャ」です。つまり、たとえばカリキュラムを変えようと思ったら、教科書も教員養成も教員研修のあり方も、何もかもを同時に変えなければなりません。だから、教育はそう簡単には変わらないのです。

しかし逆に言えば、それらすべてを、何を目指して、どのように変えていくべきか、変えていくことができるかのコンセンサスが取れれば、システム全体を大きく変えていくことができるということです。

それはいかに可能か? その設計図を、明快に示してくれたのが本書なのです。

 

アクチュアルな説得力

本書に説得力を与えている一つの要因は、著者の山口氏が、長年、東京都杉並区教育委員会の主任研究員として、杉並の教育をじっさいに構想し、変えてきた人である点にあります。

Photo by iStock

つまり本書で書かれてある内容は、机上の空論ではなく、山口氏がじっさいに実現し、検証を重ね、そしてさらに先へ進めようとしている、きわめてアクチュアルなものだということです。

一自治体の教育行政官ということもあって、これまで山口氏は、あまり表立って教育界全体に提言することはありませんでした。しかしここに来て、杉並の教育を支える考え方やその実現方法を惜しみなく披露してくれたことも、本書の魅力の一つと言えるでしょう。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/